広島市の進学塾 広大研の卒塾生インタビュー

自分とともに歩んでくれる
講師のいる場所

広島大学教育学部

橋本 一毅さん

Hashimoto title bg pc

広島大学の教育学部で特別支援教育について学ぶ橋本くん。それと同時に広大研の国語科講師としていち早く教育現場で活躍しています。大学で理論を、広大研で実践を研磨する橋本くんに大学生活や広大研への「思い」を話してくれました。

Hashimoto 1

将来の目標や、そのためにいま大学で頑張っていることを教えてください。 

今自分は教育学部で特別支援教育について学んでいます。将来は特別支援教育に関わる仕事をしたいと考えています。そのために今は大学での勉強だけではなくボランティア活動にも参加しています。良い経験になるので大学生になった時に機会があればボランティアをしてみるのもオススメです。

広大研に入ったきっかけ、入ろうと思ったわけを教えてください。

もともと塾に行こうとは思っていたんですが大手の塾には行きにくくどうしようかと悩んでいるところでした。そこで広大研のことを知りました。悩んでいても仕方ないと思い、思い切って広大研に入りました。広大研の雰囲気は自分にはぴったりで受験=辛いもの、と思われがちですが僕は広大研のおかげで受験を楽しむことができました。

Hashimoto 2

広大研に入って良かったところ、印象的だったところを教えてください。

僕は高校3年生の時、模試を受けても広島大学はE判定ばかりでした。なので、一度は広島大学を諦めてしまおうかとも考えていました。それでも、広大研の先生は親身に相談に乗ってくれ、時に厳しく、時に優しく指導してくださり自分に自信をつけてくれました。センター試験が終わった後も、担当の先生は二次試験の試験対策に深夜まで付き合ってくれたんです。広大研は自分に自信をつけ、自分と共に歩んでくれる講師のいる最高の場所だったと思います。今度は自分が広大研でしてもらったことを自分の教え子にしてあげたいです。

最後に、これから広大研に入ろうか悩んでいる方へのメッセージをお願いします。 

塾に行こうとは思ってる、勉強しないといけないとは思うけど大手の塾に入りにくいって人は広大研に入ってみるのもいいかなと思います。勉強するだけでなく友達も増えて塾に来るのが楽しくなります。今塾に入るか悩んでいる人はぜひ広大研へ!!

≪インタビュー一覧に戻る

お問い合わせ

電話 082-261-5123
平日: 15:00〜22:00 日曜日 10:00〜22:00
メール info@hirodaiken.jp
住所 広大研広島駅前校本部教室
広島市東区若草町10-14 3階
広大研広島駅前校第二教室
広島市東区若草町14-26 2階

まずは、無料体験授業から

逆転合格のポイントは
正しい戦略立案、早めの入試対策

無料体験授業を申し込む